金木犀の香る頃

♪鳶色の瞳に誘惑の翳り、金木犀の咲く道を銀色の翼の馬で駆けてくる 20世紀のジャンヌ・ダークよ~ 君の瞳は10000ボルト 地上の降りた最後の天使・・・

懐かしいアリスの堀内孝雄サンの曲「君のひとみは10000ボルト」

ご近所の金木犀が今年も良い香りの花をつけていたので、今朝からこの歌が頭の中を駆けめぐっています。

1978年のリリースだそうで、もう39年も前の話 Σ(・□・;)
当時、私は中学生でしたが、今もしっかり頭の中に歌詞が入っているのは、短いセンテンスのなかに、鳶色・金色・銀色という3色が入っていてイメージしやすかったのかも

1万ボルトにはとてもおよびませんが、とび色の4つの瞳でしっかりおやつをおねだりアピールするワンズ

10月初日の今日は、朝は涼しかったけど、日中は暑くて気温差が激しいですね。

散歩の途中で見かける花も夏・秋混在でにぎやかです。

今日は、田んぼ道を通って河川公園まで散歩

収穫の秋で、あちこちコンバインが入って刈り取りに大忙し

おおっ!おりの食糧がたくさんあるぞ。早く新米食べたいな♪

栗の実も落ちてきて、いよいよ本格的な秋の味覚を味わう頃になりました。

ただ今年のサンマは不漁だそうで、ずいぶんスリムでちょっと残念

今まで、使っていた電子レンジが調子悪くなったので、思い切って新しいオーブンレンジを購入しました。なかなか、いい具合で、買ってきたフライも揚げたてように温めてくれます。レトルトのピザも生地はさくさく、焼き具合もバッチリ!!

ただ設定がたくさんありすぎて、今のところトースト焼くのもいちいち取説見ながらのため、「あんたみたいなん、よう覚えきれへんわ」とレンジにむかってなぜか関西弁(パナソニックだからか)で文句を垂れてしまうのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする